野田総理官邸ブログ【官邸かわら版】

野田内閣が進める重要政策について、総理の思いや取組状況等を国民の皆様に向けて分かりやすく伝えるための首相官邸オフィシャルブログ(官邸かわら版)です。

「はやぶさ」が持ち帰ったもの

総理の語録 2011年11月30日 (水曜日) 14:12

<2011年9月30日 第6回宇宙開発戦略本部>
 「はやぶさ」が様々な困難を乗り越えて持ち帰ってきたあのカプセルは、単なる微粒子ではありません。あのカプセルの中には、夢と希望と勇気が、いっぱい詰まっています。
(関連リンク)
 第6回宇宙開発戦略本部―平成23年9月30日(ハイライト)

被災地に生まれる希望の芽

総理の語録 2011年11月25日 (金曜日) 13:06

<2011年11月1日 参議院本会議 高橋千秋議員への答弁>
 困難の中で他者をいたわる心は世界に誇るべき日本人の気高き精神であります。被災地の方々の真面目さ、優しさ、しんの強さもまた日本人の美徳を世界に示し、感銘を与えたと思います。被災地の人々、自治体、世界から集うボランティアなど、全ての日本人が被災地に生まれる希望の芽を大きく育てていくことにより、被災地の復興のみならず、新しい日本をつくる力になります。
(関連リンク)
 参議院インターネット審議中継

この国の誇り

総理の語録 2011年11月24日 (木曜日) 14:00

<2011年10月16日 航空観閲式>
 私は自衛官の倅として生まれ育ちました。小さい頃から、有事に備えて厳しい訓練に明け暮れている隊員の姿をたくさん見てまいりました。様々な活動の最前線で献身的に活動している隊員の姿をたくさん見てまいりました。平素から自衛隊をこの国の誇りとして思っておりました。改めて本日、隊員諸君のきびきびとした一挙手一投足を見て、改めて自衛隊に対する敬愛と信頼の念を新たに強くした次第であります。
(関連リンク)
 平成23年度航空観閲式 野田内閣総理大臣訓示

「外交の秋」で深まりゆく絆

総理のブログ 2011年11月22日 (火曜日) 18:20

 カンヌでのG20(日本との時差は-8時間、往復の飛行時間は26時間)、ホノルルでのAPEC(時差-19時間、往復16時間)に続き、先週木曜から日曜の朝まで、インドネシアのバリ島(時差-1時間、往復14時間半)で開催されたASEAN諸国らの首脳との諸会合に参加してきました。3週間、週末にかけて国際会議への出席が続きました。

続きを読む "「外交の秋」で深まりゆく絆" »

チルドレンファースト

総理の語録 2011年11月18日 (金曜日) 14:50

・チルドレンファースト
<2011年10月31日 衆議院本会議 小渕優子議員への答弁>
 本格的な人口減少社会が到来したことを受け、少子化対策は待ったなしの重要課題であります。このため、チルドレンファーストの理念に立って、人生前半の社会保障の充実のため、国や地域を挙げて子育て世代へのサポートを強化していかなければなりません。
(関連リンク)
 衆議院TV

・子どもをかわいがる国
<2011年10月14日 子育て支援施設等視察>
 明治時代の日本は、親が子どもをとてもかわいがっている国だと諸外国から思われていました。ですから、我々はチルドレンファーストの理念を推進していくことが大切と考えています。

・子どもの笑顔でお父さんお母さんも笑顔に
<2011年10月14日 子育て支援施設等視察>
 子どもの笑顔というのは視察を超えて感動いたしまして、子どもが笑っているとお父さんお母さんの笑顔も広がるし、チルドレンファーストというのは皆の笑顔を作る社会。

・父と子の交わりが教育の原点
<2011年10月14日 子育て支援施設等視察>
 「教育」の「教」という字は、最初に「父」と書いて、下に「子」を書く。右に「交わる」と書くという説もあるんです。父と子の交わりが教育の原点。
(関連リンク)
 子育て支援施設等視察―平成23年10月14日(ハイライト)

覚悟と器量を求められるのは

総理の語録 2011年11月16日 (水曜日) 13:30

<2011年10月31日 衆議院本会議 前原誠司議員への答弁>
 人件費の削減や行政の無駄根絶に徹底して取り組んでまいりたいと考えています。所信表明演説では、全般的に政治家の覚悟と器量を呼びかけるというお話をしましたが、一番覚悟と器量を求められるのは私だと思っています。そのことをしっかりと踏まえて対応していきたいと思います。
(関連リンク)
 衆議院TV
 第百七十九回国会における野田内閣総理大臣所信表明演説

 アジア太平洋の未来を語り合う場であるAPEC(「エイペック」と読みます)の首脳会合に出席するため、先週末にハワイのホノルルへ飛び、昨晩(14日)遅くに、戻ってまいりました。先週のG20への参加に引き続き、3週連続で続く外交日程の第2弾です。

続きを読む "アジア太平洋の未来を見据えて" »

安全運転ということは

総理の語録 2011年11月11日 (金曜日) 14:30

<2011年10月20日 NHK「ニュースウオッチ9」より>
 いま日本の人口は1億2800万人くらいです。老いも若きも男性も女性も乗った、大きなバスの運転をするのが私の仕事です。乱暴な運転や、急に行先を変える、事故を起こすということはやってはいけません。安全運転はこれからも心がけていきます。安全運転ということは、それぞれの皆さんが人生設計に基づいて安心して生きられる、落ち着いて生きられる社会です。それをきっちりと実現をしていきたいと思います。

<2011年10月31日 官邸かわら版「希望をつくる覚悟と器量」>
 演説の後、大越さん御本人から、「希望の種を蒔き、花を咲かせる総理大臣は『はなさかそうり』ですね!」と激励のメッセージが届きました。そうした存在になれるように、私自身も含め、政治家としての「覚悟と器量」を、これからの国会審議や「実行」の中で明らかにしていければ、と思っています。
※野田総理は所信表明演説で、大越桂さんの「花の冠」という詩(※You Tubeへのリンクになります)を引用しました。その後、大越さんより総理に対して激励のメッセージが届き、総理は「国民の希望の花を咲かせる「はなさかそうり」であれるように頑張っていきたい」と返信しました。
(関連リンク)
 第百七十九回国会における野田内閣総理大臣所信表明演説
 官邸かわら版 希望をつくる覚悟と器量

「国家の信用」を守る責務

総理のブログ 2011年11月07日 (月曜日) 19:36

 先週は、フランスのカンヌで開催されたG20サミットに参加しました。雨に濡れ風が強いカンヌで、朝から晩まで首脳同士の会議が続き、その合間にもなるべく各国首脳との個別の会談を入れ、日本から同行いただいた記者の方々とも懇談会を開いて会議の模様をお伝えしました。まさにフル回転した2日間でした。

続きを読む "「国家の信用」を守る責務" »

正心誠意

総理の語録 2011年11月04日 (金曜日) 15:10

<2011年9月13日 第百七十八回国会における所信表明演説>
 私は、この内閣の先頭に立ち、一人ひとりの国民の声に、心の叫びに、真摯に耳を澄まします。「正心誠意」、行動します。ただ国民のためを思い、目の前の危機の克服と宿年の課題の解決のために、愚直に一歩一歩、粘り強く、全力で取り組んでいく覚悟です。 
※「正心誠意」とは「意を誠にして、心を正す」という意味。
(関連リンク)
 第百七十八回国会における野田内閣総理大臣所信表明演説 

秋の霜のように

総理の語録 2011年11月04日 (金曜日) 15:00

<2011年10月28日 第百七十九回国会における所信表明演説>
 政治家自身も自ら身を切らなければなりません。江戸時代の儒学者である佐藤一齋は「春風を以て人に接し、秋霜を以て自ら粛む」と説きました。国民を代表して政治と行政に携わる者に求められているのは、この「秋の霜のように、自らの行動を厳しく正していく」心です。
(関連リンク)
 第百七十九回国会における野田内閣総理大臣所信表明演説

カテゴリー

バナー

  • 首相官邸 災害対策のページはこちら
  • 首相官邸はこちら
  • 政府インターネットテレビはこちら

このブログについて

野田内閣が進める重要政策について、総理の思いや取組状況等を国民の皆様に向けて分かりやすく伝えるための首相官邸オフィシャルブログ(官邸かわら版)です。