野田総理官邸ブログ【官邸かわら版】

野田内閣が進める重要政策について、総理の思いや取組状況等を国民の皆様に向けて分かりやすく伝えるための首相官邸オフィシャルブログ(官邸かわら版)です。

「国家の信用」を守る責務

総理のブログ 2011年11月07日 (月曜日) 19:36

 先週は、フランスのカンヌで開催されたG20サミットに参加しました。雨に濡れ風が強いカンヌで、朝から晩まで首脳同士の会議が続き、その合間にもなるべく各国首脳との個別の会談を入れ、日本から同行いただいた記者の方々とも懇談会を開いて会議の模様をお伝えしました。まさにフル回転した2日間でした。

 会議では、ギリシャに端を発した欧州の債務危機の拡大をいかにして阻止するか、という点に議論が集中しました。「欧州の問題は欧州の中でまずは解決を図る」ということが基本ですが、今回の会合で確認されたことの一つは、一国の財政問題が世界に波及し、国際的な経済・金融の不安定化をもたらしているという点です。

 我が国としては、私が最初の所信表明演説やその後の国会審議、記者会見などで何度も申し上げてきたことですが、6月に政府与党でまとめた「社会保障・税一体改革」の成案に従って、社会保障の機能強化を行い、持続可能性の高い制度を実現することが財政の健全化にも資する旨を説明しました。

 また、各国の首脳に対しては、歴史的な円高に対して、投機的、無秩序な動きがあるのではないか、という懸念があり、日本経済への下振れリスクを顕在化させないため、我が国として為替介入を行った旨の説明をし、これは従来からG20で確認してきている為替の「過度な変動」や「無秩序な動き」に該当するという認識である旨も申し上げました。

 いずれにしても、ギリシャの状況を見るにつけ、「国家の信用」を守ることの重さを改めて身に染みて感じた会合でした。

 羽田への帰国便の機内で、西岡参議院議長が急逝されたとの報せに接しました。突然のことでショックを受けました。

 私が政治の世界に関わったそもそもの端緒は、学生時代、西岡先生が結成された「新自由クラブ」の選挙活動を手伝ったことでした。そういう意味では、先生がおられなければ、私が政治を志すこともなかったかもしれません。大学の先輩でもあり、たたずまいそのものが偉大な政治家であられました。その後ろ姿をずっと追いかけ続け、節目節目でご指導をいただいてきました。昨今も、東日本大震災からの復興と政治のあり方に、並々ならぬ情熱をもっておられ、これからも大所高所でご指導いただけると思っていた矢先だけに、無念でなりません。
 三権の長として、最後まで命を懸けて職責を果たされた西岡議長の遺志に少しでも応えるべく、私も、微力ながら、自らに課された使命を果たしていくことを御霊前にお誓いしました。改めて、ご冥福をお祈りいたします。

 今週末は、APEC首脳会議に出席し、アジア太平洋地域の将来像について各国の首脳と語り合いたいと考えています。

 平成23年11月7日 内閣総理大臣 野田佳彦

カテゴリー

バナー

  • 首相官邸 災害対策のページはこちら
  • 首相官邸はこちら
  • 政府インターネットテレビはこちら

このブログについて

野田内閣が進める重要政策について、総理の思いや取組状況等を国民の皆様に向けて分かりやすく伝えるための首相官邸オフィシャルブログ(官邸かわら版)です。