野田総理官邸ブログ【官邸かわら版】

野田内閣が進める重要政策について、総理の思いや取組状況等を国民の皆様に向けて分かりやすく伝えるための首相官邸オフィシャルブログ(官邸かわら版)です。

若者から託された思い

総理のブログ 2012年02月20日 (月曜日) 20:03

  昨日の日曜日、私が公邸に入って以来、最も若いお客様をお迎えしました。東北6県の高校生代表、8名の表敬です。ふるさと東北の復興に向けて「高校生が主体的に関わっていきたい」という力強いメッセージを受け取りました。議論は、政治のあり方だけでなく、メディア報道の画一性といった点にまで及び、高校生の皆さんの問題意識の高さには脱帽するばかりでした。

 被災地の復興には、巨大津波の「破壊」のエネルギーを凌駕する、「再生」のための大きなエネルギーを必要とします。まっすぐで、しなやかな若者たちの感性も不可欠です。将来を担う世代が、地域の未来を自分たちの問題として考えていこうとしている姿勢は、実に頼もしい限りです。

 そして、投票権を持たない若い世代、これから生まれてくる将来の世代を慮った政治を進めていくことの重要性を思わずにはいられませんでした。

 先週金曜日、社会保障・税一体改革の「大綱」を閣議決定しました。この改革にかける私の思いの一端は、国民の皆さんへのメッセージとして、ビデオに収録して配信しています。

 既に耳にされたことのある話も多いかもしれませんが、改めて私なりに整理し、いろいろな世代の方へのメッセージを込めています。一度、お目通しいただければ幸いです。

 先週来、高校生たちの表敬以外にも、様々な形で若者からメッセージを頂戴する機会がありました。若干、個人的な話となりますが、その中から2つのエピソードを皆さんに紹介させて下さい。

 一つ目は、仙台の若き詩人、大越桂(おおごえ・かつら)さんの詩集が出版されたことです。昨秋の臨時国会の所信表明演説で「花の冠」という彼女の詩を引用させていただいた経緯は既にこのブログにも書きました。このたび、改めてお手紙をいただき、先週末から、2冊の詩集が全国の書店に並んでいるとのご報告がありました。障害に負けることなく生み出される彼女の温かな言葉の数々は、まさに「希望の種」として、多くの人に勇気を与えるものです。一人でも多くの方々の心に届くことを願っています。

 もう一つは、悲しい話です。先週14日、ある若き地方議員の同志が亡くなりました。群馬県みどり市議会議員の蓮孝道(はす・たかみち)さんです。まだ30歳。腎臓ガンでした。ローカル・マニフェストを推進し、地方自治の現場で、これからの活躍が期待されていただけに、無念でなりません。

 先日、彼が生前に書いた「遺稿」を読ませていただきました。そこには、病床に伏せる彼の想いと私へのエールが綴られていました。

 「アサガオが早朝に可憐な花を咲かすために、敢えて必要なものは、夜の闇と冷たさである」と訴えた私の民主党代表選での演説に触れながら、彼は語ります。

 被災者や失業者や病気の方々をはじめ、演説を聞いた多くの日本人が、自らの身の上に降りかかった辛苦を「夜の闇と冷たさ」になぞらえて、必ず来る朝を思い、「苦労の分だけきっと自分も美しいアサガオを咲かせるはずだと思ったはずだ」と。

 そして、病床で私の演説を聞き、ベッドで涙にくれながらも、再起への想いを募らせた心情を述べたあと、「忘れないでほしい」と呼び掛けるのです。原文を引用します。

――――――――

 "明るいところからどんなに目を凝らして見ても、夜の闇は見通せません。逆に暗闇からは明るいところが明々と見えるんです。"

 "永田町の中からは決して地方の一隅は見えないはずです。朝日を待つのはもちろん復興を期す被災地だけではありません。日本全国いたるところで夜の闇に忍ぶ国民の現場があり、そこへ足を運んでいただきたいと思います。"

 "逆境を跳ね除け、日本の夜明けを照らし、可憐なアサガオの花をいっぱいに咲かすどじょうの活躍に期待しています。"

――――――――

 夜、これを読みながら、私は、しばし、目頭が熱くなるのを抑えることはできませんでした。

 復興にかける東北の若者たちの力強いメッセージ。障害に負けず、若き詩人が多くの人に届け続ける、温もり溢れる言葉。病と最後まで闘い、志半ばで倒れた若き政治家の無念さと残された者へのエール。

 それぞれの思いを、私なりに、しっかりと受け止めさせていただきました。こうした思いを形にしていくことは、今を生きる政治家の責務です。この国の未来を慮る政治を具体化していかなければなりません。

 平成24年2月20日 内閣総理大臣 野田佳彦

カテゴリー

バナー

  • 首相官邸 災害対策のページはこちら
  • 首相官邸はこちら
  • 政府インターネットテレビはこちら

このブログについて

野田内閣が進める重要政策について、総理の思いや取組状況等を国民の皆様に向けて分かりやすく伝えるための首相官邸オフィシャルブログ(官邸かわら版)です。