野田総理官邸ブログ【官邸かわら版】

野田内閣が進める重要政策について、総理の思いや取組状況等を国民の皆様に向けて分かりやすく伝えるための首相官邸オフィシャルブログ(官邸かわら版)です。

国民同士の連帯感

総理の語録 2012年03月29日 (木曜日) 14:39

<2012年3月11日 野田内閣総理大臣記者会見>
 今後、問われていくのは国民同士の連帯感の持続であります。被災地は継続的な支援を必要としています。すべての国民がこれからも復興の当事者であるということを是非、自覚をしていただきたいと思います。政府としても徹底的な情報開示を通じて、国民の信頼回復に努め、国民同士の助け合いの心をつなぐ環境整備をしていきたいと考えております。

(関連リンク)
 野田内閣総理大臣震災1年記者会見~その3~がれき広域処理-平成24年3月11日(ハイライト)
 災害廃棄物の処理の推進に関する関係閣僚会合-政府一丸で前へ!-平成24年3月13日(ハイライト)

 ソウルで開催された核セキュリティ・サミットに参加し、昨晩、帰国しました。

 「核セキュリティ」という聞き慣れない言葉に「おや?」と思われた方があるかもしれません。日本は、唯一の被爆国として、核兵器を減らす「核軍縮」や、核兵器などが世界に拡散しないようにする「核不拡散」の先頭に立ってきましたが、今回、首脳同士が話し合ったのは、テロリストの攻撃などから原子力施設や核燃料の輸送活動をどう守っていくか、といった点です。こうした活動には、安全保障の観点も含まれることから、「核セキュリティ」と呼ばれています。

続きを読む "核セキュリティ・サミットを終えて" »

歴史的な使命

総理の語録 2012年03月27日 (火曜日) 13:30

<2012年3月11日 野田内閣総理大臣記者会見>
 あの日、最愛の人にさよならも言えずに亡くなられた方々の無念さを思わずにいられません。追悼の思いを復興への決意に変え、すべての国民が力を合わせて、復興を通じた日本再生という歴史的な使命を果たしていかなければならないと思います。

(関連リンク)
 野田内閣総理大臣震災1年記者会見~その4~福島の再生、日本の再生―平成24年3月11日(ハイライト)
 野田内閣総理大臣記者会見(平成24年3月11日)

子供の笑顔が一番

総理の語録 2012年03月22日 (木曜日) 15:38

<2012年3月5日 官邸エントランスホール 「私の復興便り」展示パネルを見て>
 復興にかけた人々の想いとか、息づかい伝わってくる。まさに被災地の今を捉えた、素晴らしい写真がたくさんありました。赤ちゃんのベビーマッサージとか、子どもの笑顔がやっぱり一番ほっとしますね。復旧復興、復興庁もできましたので、スピードアップして全力で頑張っていきたいと思います。

(関連リンク)
 「私の復興便り」~被災地からの写真とメッセージ~-平成24年3月5日(ハイライト)
 「私の復興便り」特集震災一周年:官邸ロビー展

一歩も二歩も前に

総理の語録 2012年03月21日 (水曜日) 13:30

<2012年3月11日 野田内閣総理大臣記者会見>
 がれき広域処理は、国は一歩も二歩も前に出ていかなければなりません。震災時に助け合った日本人の気高い精神を世界が称賛をいたしました。日本人の国民性が再び試されていると思います。がれき広域処理は、その象徴的な課題であります。既に表明済みの受入れ自治体への支援策、すなわち処分場での放射能の測定、処分場の建設、拡充費用の支援に加えまして、新たに3つの取組みを進めたいと思います。

※新たな3つの取組
・法律に基づき都道府県に被災地のがれき受入れを文書で正式に要請するとともに、受入れ基準や処理方法を定める
・がれきを焼却したり、原材料として活用できる民間企業(例えばセメントや製紙)に対して、協力拡大を要請
・関係閣僚会議を設置し、政府一丸となって取り組む体制を整備

(関連リンク)
 野田内閣総理大臣震災1年記者会見~その3~がれき広域処理―平成24年3月11日(ハイライト)
 
災害廃棄物の処理の推進に関する関係閣僚会合―政府一丸で前へ!―平成24年3月13日(ハイライト)

決して一人ではない

総理の語録 2012年03月15日 (木曜日) 14:05

<2012年2月25日 津波遺児高校生とサッカー日本女子ユース東北選抜による表敬>
 去年の3月、大きな地震、津波が発生して、かけがえのない親御さん、御家族を失った多くの子どもたちがいらっしゃいます。その思いを考えますと、大変胸が痛みます。そして、深い悲しみを持たれている皆さんが、経済的な理由で夢をあきらめるようなことがあってはならないと思います。そうした皆さんが、決して一人ではないと、社会全体でメッセージを出していかないといけないと思います。大人も支えております。そして、一番支えなければならないのは政府だと思います。
(関連リンク)
 東日本大震災一周年追悼式―平成24年3月11日(ハイライト)
 東北6県の高校生による表敬‐平成24年2月19日(記録映像庫)

がれきの処理をみんなの力で

総理のブログ 2012年03月14日 (水曜日) 20:22

 再び巡り来た3月11日が過ぎていきました。

 皆さんが、それぞれの場所、それぞれの方法で、様々な思いを込めて、この一年を厳粛な気持ちで振り返っておられたことと拝察いたします。

 追悼式では、天皇陛下のお言葉を胸に刻み、そして、岩手、宮城、福島の遺族代表の方々のお話が一つ一つ、胸に突き刺さりました。

続きを読む "がれきの処理をみんなの力で" »

自分の原点

総理の語録 2012年03月13日 (火曜日) 17:50

<2012年2月28・29日 ラジオ「政策情報官邸発」>
(24年前、千葉県議会議員の一年目に一人会派で活動していた野田総理が、当時の取材で、「しんどいなと思うことはありますけれども、支持してくれる人はいるはずです。それが私の"突っかえ棒"です。青臭く突っ張って、大義名分を一生懸命唱え続ければ、道は開けると思う。」と答えたことを紹介されて)

"原点"を確認できたように思いますね。久しぶりに、当時を思い出すことができましたが、あの頃以上に、私は危機感を持っています。(社会保障・税の一体改革の)どういう持続可能な制度をつくるかについては、今の若い人たちにも一番真剣に考えてもらいたいテーマであり、≪待ったなし≫だと思います。ですから、そのことを真剣に訴えて、早く結論を出さないと間に合わなくなると思っています。

(関連リンク)
 政府広報オンライン 政策情報官邸発
 総理ビデオメッセージ「社会保障と税の一体改革について」

バトンをしっかりと受け継いで

総理の語録 2012年03月08日 (木曜日) 13:30

<2012年2月17日 総理ビデオメッセージ「社会保障と税の一体改革について」>
 「現役世代」と「若者」の皆様にお願いをしたいと思います。自分達は多くのお年寄りを支えなければいけない、「ツイてない世代だな」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも、今日の豊かな社会を作ってきたのは、私達の先輩世代、皆さんの親御さんの世代でございます。そのご努力の積み重ねによって、今の日本はあります。その「支え合う」構図のバトンをしっかりと受け継いでいただきたいと思います。もちろん「支える側」に対しても、社会保障の受益を実感できるような改革を私達は成し遂げていく決意であります。
(関連リンク)
 総理ビデオメッセージ「社会保障と税の一体改革について」

<2012年2月17日 衆議院予算委員会 楠田議員への答弁>
 大宰府から梅の使節が官邸をお訪ねいただきました。そのとき思ったことは、今、厳しい雪害があります。原発事故との戦いがあります。被災地における復興があります。経済、金融、厳しい状態です。さまざまな困難がありますけれども、季節季節の花、梅、桜、桃、チューリップ、アジサイ、ヒマワリ、それぞれの季節に国民の皆様が安心して花を愛でて和めるような、そういう世の中を作っていかなければいけないということを改めて強く思った次第です。
(関連リンク)
 衆議院TV
 太宰府天満宮「梅の使節」表敬―平成24年2月7日(記録映像庫)

追悼に復興への決意を込めて

総理のブログ 2012年03月05日 (月曜日) 19:22

 あの3月11日から、まもなく一年が経とうとしています。

 それぞれの方々の体験は大きく異なるとしても、国民の皆さん一人ひとりが、この一年間、かつてない濃密な時間を過ごしてこられたのではないかと思います。あの日をどのように迎え、その後の時間をどのように過ごし、そして今をどう生きているのか。どなたの心にも、様々な思いが去来しているのではないかと想像します。

続きを読む "追悼に復興への決意を込めて" »

未来を慮った政治

総理の語録 2012年03月01日 (木曜日) 15:30

<2012年2月4日 慶應義塾大学シンポジウム「社会保障と税の一体改革について」基調講演>
 こんな話をしても、あまり拍手喝采を浴びることはありません。負担を求める話ですから、それはなかなか納得してもらえないんです。だけども本当に今生きている若い世代、将来の世代を慮った時に、「今さえ良ければいい」という政治をやっているわけにはいかないんですね。これからのことを考えた、未来を慮った政治をやらなければなりません。その流れを私は作り出していきたいと思っております。
(関連リンク)
 慶應義塾大学シンポジウム「社会保障と税の一体改革について」基調講演―平成24年2月4日(ハイライト)
 総理ビデオメッセージ「社会保障と税の一体改革について」

カテゴリー

バナー

  • 首相官邸 災害対策のページはこちら
  • 首相官邸はこちら
  • 政府インターネットテレビはこちら

このブログについて

野田内閣が進める重要政策について、総理の思いや取組状況等を国民の皆様に向けて分かりやすく伝えるための首相官邸オフィシャルブログ(官邸かわら版)です。