野田総理官邸ブログ【官邸かわら版】

野田内閣が進める重要政策について、総理の思いや取組状況等を国民の皆様に向けて分かりやすく伝えるための首相官邸オフィシャルブログ(官邸かわら版)です。

感謝の思いを、皆さんに

総理のブログ 2012年12月21日 (金曜日) 18:08

 来たる26日に召集される特別国会にて、新たな内閣総理大臣が選任される見込みとなりました。総辞職の前に、一言、国民の皆様にご挨拶を申し上げたいと思います。

 昨年9月2日に発足した野田内閣は、山あり谷ありで、決して平坦な道のりではありませんでしたが、政権を預かる重責を懸命に担ってまいりました。国論を二分する難しい課題があっても、将来世代のために決断を下し、「動かない政治」を動かすために全力を挙げてまいりました。

続きを読む "感謝の思いを、皆さんに" »

魔法の杖など、どこにもない

総理のブログ 2012年12月03日 (月曜日) 16:49

 昨日(2日)、山梨県で発生したトンネル崩落事故の報に接しました。事故現場の悲惨な状況をうかがい、心が痛みます。事故でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、負傷された方々、被害を受けた方々に心からお見舞い申し上げます。

 私からは、(1)被害者の救急、救助に全力で当たること、(2)早期の原因究明と再発防止の徹底、(3)相談窓口の設置など、被害者の方々への真摯な対応を進めることの3点を指示しました。

続きを読む "魔法の杖など、どこにもない" »

街頭に立つ醍醐味

総理のブログ 2012年11月27日 (火曜日) 18:42

 衆議院を解散しても、政府の機能が止まるわけではありません。21日の未明にカンボジアから帰国し、それ以降も、私は内閣総理大臣としての公務をこなし続けています。

 先の三連休を活用して、23日、まずは川崎市扇島で発電所を視察しました。日本の技術力を生かした風力発電。東京ドーム約5個分の敷地に太陽電池パネルを敷き詰めた大規模な太陽光発電。こんなにも都心に近い場所で、再生可能エネルギーは現実に電力供給の一端を担い始めています。この小さな芽を大きく育てることこそ、「2030年代原発稼働ゼロ」という大きな目標を着実に前へ進めて行く原動力です。これからまとめるグリーン政策大綱に、思い切った政策を盛り込んでいきたいと考えています。

続きを読む "街頭に立つ醍醐味" »

 16日午後、衆議院を解散しました。

 その瞬間、「万歳」を叫ぶ気には到底なれませんでした。

 国民の皆さんの前で誓った約束を守り、「決断する政治」を実現するための重大な決断です。その重みを噛みしめながら、解散の詔書を読み上げる横路議長の姿を厳粛な気持ちで見つめておりました。

続きを読む "前に進むのか、後ろへ戻るのか" »

 ラオスの首都ビエンチャンで開催されたASEM(「アセム」と読んでいます)首脳会議に出席し、7日の午後に帰国いたしました。

 アジアと欧州の首脳が一堂に会する二年に一度の場を活用して、経済財政の課題や多岐にわたる地球規模の課題について、各国の首脳と議論を深めることができました。近隣の東南アジア諸国だけでなく、日本から遠く離れた欧州の国々も含めて、時間が合う限り、二国間会談を行い、首脳同士の交流を深めることもできました。

続きを読む "ラオスの温もりに包まれた情熱" »

明日への責任。宮古魂。

総理のブログ 2012年10月30日 (火曜日) 18:58

 昨日(29日)、臨時国会が開会し、衆議院で所信表明演説を行いました。就任後、4回目の国会演説となります。

 何のための「決断する政治」なのか。野田政権は何を目指すのか。それらを明らかにしながら、「明日への責任」をキーワードとして、「今、やるべきことをやり抜こう」「今を生きる世代としての責任を果たしていこう」というメッセージを様々な側面から訴えました。

続きを読む "明日への責任。宮古魂。" »

勇気と誇りのありか

総理のブログ 2012年10月09日 (火曜日) 18:40

 官邸の周りでも、すっかり秋らしい空気を感じられるようになってきました。皆さん、三連休をいかがお過ごしになられましたか。

 私は、7日の日曜日、長浜環境大臣らとともに、東京電力福島第一原子力発電所を訪問しました。昨年9月以来、2度目となります。今回は、4号機の原子炉建屋の屋上に実際に足を踏み入れることができました。

続きを読む "勇気と誇りのありか" »

新たな気持ちで、立ち向かう

総理のブログ 2012年09月28日 (金曜日) 19:11

 久しぶりの更新になります。

 去る21日の代表選で、民主党の代表に再選されました。多くの党員・サポーターの皆さん、地方議員、国会議員に御支持をいただき、実にありがたい限りです。しかし、私には、今、沸き立つ高揚感よりも、重たい使命感が先に立っています。

 代表選を通じて、民主党に対する国民各層の厳しい視線を肌で感じました。赤松、原口、鹿野各候補から、これまでの私の政権運営のあり方について率直で辛辣なご批判も数多くぶつけていただきました。私自身の至らなかった点については猛省し、改めるべきは改め、チームとしての民主党の力を再結集していかなければならないと感じています。

続きを読む "新たな気持ちで、立ち向かう" »

今やるべきことを粛々と

総理のブログ 2012年08月30日 (木曜日) 20:06

 我が国の周辺海域で主権にかかわる事案が相次いでいることを受け、先週、記者会見をいたしました。一人でも多くの国民に歴史的な経緯を知っていただきたいですし、世界に対し我が国の「理」を訴えていくきっかけにしたいと思っています。

 もちろん、当事者がお互いに冷静さを失うことは、避けなければなりません。言うべきことは言い、進めるべきことを粛々と進める、という姿勢で、引き続き、大局観を持って取り組んでまいります。

続きを読む "今やるべきことを粛々と" »

同時代を生きた証

総理のブログ 2012年08月21日 (火曜日) 19:43

 昨夕、ロンドン・オリンピックのメダリストや入賞者の方々を官邸にお招きし、私から感謝状と記念品を贈呈しました。銀座での盛大なパレードを終え、応援してきた多くの人たちの姿を直に目にしたからでしょうか、リラックスした雰囲気の中に、達成感に満ちた表情が見て取れました。

 金メダリストには、手書きでメッセージカードを用意し、一人ひとりにお渡ししました。本来ならばすべての選手にお渡ししたかったのですが、史上最多のメダル獲得、史上最多の入賞者数となり、実に嬉しい悲鳴を上げることになった次第です。

 日本代表団は、輝かしい成果を挙げてくれましたが、素晴らしかったのは、戦績だけではありません。

続きを読む "同時代を生きた証" »

67年目の夏に

総理のブログ 2012年08月15日 (水曜日) 18:06

 終戦から67年。本年もまた、鎮魂の夏が巡ってきました。

 6日の広島9日の長崎。そして、本日の終戦記念日。それぞれの追悼の式典に参列し、あまたの戦没者の無念を想い、平和への誓いを新たにいたしました。

 我が国の平和と繁栄は、戦争による尊い犠牲の上に築かれている――。犠牲者の御霊を前にして追悼の辞を読み上げるたび、そのことを強く思い起こさずにはいられませんでした。

続きを読む "67年目の夏に" »

 今朝の閣議で、「日本再生戦略」を正式に決定しました。8年後の2020年を見すえた、中長期での政策遂行の「羅針盤」です。そして、分厚い中間層を甦らせ、「今日より明日が良くなる」と実感でき、誰もが誇りを持てる国への具体的な方法論を示したものです。

 私は、映画『三丁目の夕日』で描かれた時代をよく引き合いに出しますが、決して「あの良き日々をもう一度」といったノスタルジアを語っているわけではありません。日本を取り巻く状況は当時とは大きく異なり、現代の日本で、年率10%を超えるようなモーレツな経済成長を期待するのは難しいかもしれません。日本が置かれた現在の状況のもとで、力強い経済成長の道を新たに模索しなければなりません。

続きを読む "「フロンティアを拓くという挑戦」" »

助け合い、支え合う心から

総理のブログ 2012年07月18日 (水曜日) 19:32

 四国から関東地方でも梅雨が明け、厳しい夏の暑さが本番を迎えました。身体が夏の暑さに慣れず、寝苦しい夜を過ごされた方も多かったのではないでしょうか。とりわけ、お年寄りやお子さんは、くれぐれも熱中症にご注意ください。

 九州北部豪雨は、まさにこれまで経験したことのないような、凄まじいものでした。亡くなられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。

続きを読む "助け合い、支え合う心から" »

様々な声に耳を澄ます

総理のブログ 2012年07月11日 (水曜日) 18:49

 前回ご紹介した宮城に続き、先週末は、福島を訪問させていただきました。就任以来、4度目の福島訪問となります。

 小名浜の漁港で、風評被害に負けず、水産業の復活に懸命に取り組んでおられる方の声を聞きました。故郷の大熊町を遠く離れた、いわき市内の仮設住宅で、住民の結束を維持すべく奮闘されている自治会の皆さんの声を聞きました。川内村の仮設住宅や療養所で、村に戻った子供たち、親御さん、お年寄りの皆さんの声を聞きました。

続きを読む "様々な声に耳を澄ます" »

じわじわと、粘り強く

総理のブログ 2012年07月04日 (水曜日) 18:41

 社会保障・税一体改革の衆議院での採決をめぐって、民主党の少なからぬ数の議員から離党届が出され、今般、民主党としての処分の方向性をお示ししました。この間、多くの国民の皆様にご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。責任政党として、一日も早く党の規律を回復し、体制の立直しを早急に進めてまいります。

 新聞やテレビはもとより、官邸のホームページや新聞の投書欄などで、厳しいご意見を数多く目にいたします。傾聴に値する声も沢山あります。同時に、物事には様々な側面があり、国政を預かる身としては、あらゆる側面からの検討を加えた上で、慎重に結論を出さなければならないこともあります。そうした点を御理解いただきたく存じます。

続きを読む "じわじわと、粘り強く" »

決断する政治の大きな一歩

総理のブログ 2012年06月27日 (水曜日) 18:39

 内閣改造以降のここ20日間あまり、大飯原発3、4号機の再起動に関する最終判断、社会保障・税一体改革に関する三党合意、メキシコ・ロスカボスでのG20首脳会合への参加など、大きな政策判断や重要な会合が相次ぎました。この間、およそ気の休まることがなく、このブログの読者の皆さんには、大変に御無沙汰をしてしまいました。

 昨日、一体改革の関連法案が衆議院を通過しました。一昨年の10月から議論を始め、昨年6月の「成案」、年末・年始の「素案」、そして「大綱」、3月の関連法案の国会提出、三党での修正協議と一つ一つ丁寧に手順を踏んで議論を進めてきた成果です。

続きを読む "決断する政治の大きな一歩" »

内閣改造とこれから

総理のブログ 2012年06月06日 (水曜日) 19:35

 先刻、「ひげの殿下」として国民に広く親しまれた寬仁親王殿下の訃報に接しました。突然の御訃報に接し、悲しみの念を禁じ得ません。謹んで哀悼の意を表します。

 月曜、野田第二次改造内閣を発足させました。

 今回の人事で最も関心を呼んでいるのは、森本敏さんに防衛大臣をお願いした点でしょうか。我が国の安全保障の第一人者であり、十分にその任を果たしてもらえる方だと確信しています。

続きを読む "内閣改造とこれから" »

太平洋を繋ぐ≪島国精神≫

総理のブログ 2012年05月28日 (月曜日) 19:22

 先週末、沖縄県名護市にて第6回「太平洋・島サミット」を主催いたしました。場所は、2000年の九州・沖縄サミットが開催された際と同じ、万国津梁館。私自身にとっては、今年に入ってから3度目の沖縄訪問になります。13の太平洋の国々から首脳らが3年に1度集まる、我が国にとっての一大外交イベントを無事に終え、ほっとしています。

続きを読む "太平洋を繋ぐ≪島国精神≫" »

G8サミットと55歳の原点

総理のブログ 2012年05月22日 (火曜日) 21:07

 G8サミットが開催された米国ワシントンDC郊外のキャンプ・デービットへの出張中に、55歳の誕生日を迎えました。

 新興国が台頭しつつある世界で、G8のあり方には、いろいろな見方があるだろうとは思います。しかし、価値観を共有する先進国の首脳同士が、小さな丸テーブルを囲み、まさに膝を突き合わせて、率直な意見交換をできる場は貴重です。世界情勢の認識共有を図る「心合わせ」の場として、実に意義深いものだと実感しました。

続きを読む "G8サミットと55歳の原点" »

 先週末から月曜にかけては、「日中韓サミット」が開催された北京に滞在しました。帰国してゆっくり休む間もなく、昨日は「沖縄復帰40周年記念式典」に出席するために、沖縄を訪問いたしました。

 日中国交正常化から40年。沖縄本土復帰から40年。奇しくも符合した「40年」という単位で、これまで生きてきた人生の時間に照らし合わせながら、日本という国の歩みに思いを馳せた方も多かったのではないでしょうか。

続きを読む "40年を経て、40年先を思う" »

危機管理の緊張感を常に

総理のブログ 2012年05月09日 (水曜日) 19:16

 先月末から今月にかけて、痛ましい事故や竜巻の被害などが相次いでおり、その報告を受けるたびに、心が痛みます。こうした不測の事態にも気を引き締めて対応するよう、関係者に改めて指示をしているところです。

 集団登校中の小学生たちの列に車両が突っ込んだ京都の事件の記憶もまだ生々しい折、先月末には、関越道での高速ツアーバスの悲惨な死亡事故が発生しました。訪米中も、日本での関連報道を見聞きし、気になってなりませんでした。

続きを読む "危機管理の緊張感を常に" »

訪米で感じた日米の絆の深み

総理のブログ 2012年05月02日 (水曜日) 18:51

 正味2日間の滞在となったワシントンDCから、さきほど帰国しました。東京との時差13時間。帰りのフライト13時間。物理的な隔たりは大きいわけですが、この一年あまりの間に、日米間の心の距離は、今まで以上に縮まってきていることを感じます。

 私がまず参加したのは、日米の友好関係を支えてくれた方々を招いた「感謝の集い」でした。東日本大震災の直後から、人員2万4千人あまりが投入された「トモダチ作戦」だけでなく、全米各地に広がった官民の支援の輪に、まず感謝の思いを伝えたかったのです。

続きを読む "訪米で感じた日米の絆の深み" »

 昨日、TBSのニュース番組で若者との対話集会に出演しました。世代間の公平と社会保障のあり方、震災からの復興の進め方、政治そのもののあり方など、参加された若者たちの問題意識の高さに感銘を受けました。

 若い世代が実際に政治に参画し、若者自身の声、その下の投票権のない世代の声、そして、これから生まれくる将来の世代の声が代弁されていくことで、「未来を慮る政治」が実現していくはずです。「もっと若者の輪の中に積極的に入ってきてほしい」という指摘もありましたので、問題意識や政策の分かりやすい伝え方については、私なりに、さらに知恵を絞ってみようと思っています。

続きを読む "見た目が地味でも、一歩一歩進む" »

予算執行という責任の重さ

総理のブログ 2012年04月06日 (金曜日) 19:35

 東京でも桜が満開となりました。今週前半は、全国的に凄まじい春の嵐に見舞われましたが、新しい年度の始まりを皆さんいかがお過ごしでしょうか。様々な思いを胸に、新たな人生の一歩を踏み出されている方も多くおられると存じます。

 昨日、平成24年度の国の予算が成立しました。3月末までに成立させることができず、暫定予算を組むという事態となってしまいましたが、何とか本予算の成立にこぎつけることができ、ほっとしています。

 国の予算は、様々な公共サービスに形を変え、国民生活と直結しています。これは、「政府」と「国民」を結びつける何よりも大事な繋ぎ目だと思っています。

続きを読む "予算執行という責任の重さ" »

 ソウルで開催された核セキュリティ・サミットに参加し、昨晩、帰国しました。

 「核セキュリティ」という聞き慣れない言葉に「おや?」と思われた方があるかもしれません。日本は、唯一の被爆国として、核兵器を減らす「核軍縮」や、核兵器などが世界に拡散しないようにする「核不拡散」の先頭に立ってきましたが、今回、首脳同士が話し合ったのは、テロリストの攻撃などから原子力施設や核燃料の輸送活動をどう守っていくか、といった点です。こうした活動には、安全保障の観点も含まれることから、「核セキュリティ」と呼ばれています。

続きを読む "核セキュリティ・サミットを終えて" »

がれきの処理をみんなの力で

総理のブログ 2012年03月14日 (水曜日) 20:22

 再び巡り来た3月11日が過ぎていきました。

 皆さんが、それぞれの場所、それぞれの方法で、様々な思いを込めて、この一年を厳粛な気持ちで振り返っておられたことと拝察いたします。

 追悼式では、天皇陛下のお言葉を胸に刻み、そして、岩手、宮城、福島の遺族代表の方々のお話が一つ一つ、胸に突き刺さりました。

続きを読む "がれきの処理をみんなの力で" »

追悼に復興への決意を込めて

総理のブログ 2012年03月05日 (月曜日) 19:22

 あの3月11日から、まもなく一年が経とうとしています。

 それぞれの方々の体験は大きく異なるとしても、国民の皆さん一人ひとりが、この一年間、かつてない濃密な時間を過ごしてこられたのではないかと思います。あの日をどのように迎え、その後の時間をどのように過ごし、そして今をどう生きているのか。どなたの心にも、様々な思いが去来しているのではないかと想像します。

続きを読む "追悼に復興への決意を込めて" »

沖縄との絆を取り戻すために

総理のブログ 2012年02月29日 (水曜日) 19:12

 月曜の夜(27日)、沖縄から戻ってまいりました。内閣総理大臣となってから初めてとなる今回の訪問では、私なりに三つのテーマと思いを秘めて臨みました。

 一つ目は、沖縄の苦難の歴史に改めて思いを致すことです。

続きを読む "沖縄との絆を取り戻すために" »

若者から託された思い

総理のブログ 2012年02月20日 (月曜日) 20:03

  昨日の日曜日、私が公邸に入って以来、最も若いお客様をお迎えしました。東北6県の高校生代表、8名の表敬です。ふるさと東北の復興に向けて「高校生が主体的に関わっていきたい」という力強いメッセージを受け取りました。議論は、政治のあり方だけでなく、メディア報道の画一性といった点にまで及び、高校生の皆さんの問題意識の高さには脱帽するばかりでした。

 被災地の復興には、巨大津波の「破壊」のエネルギーを凌駕する、「再生」のための大きなエネルギーを必要とします。まっすぐで、しなやかな若者たちの感性も不可欠です。将来を担う世代が、地域の未来を自分たちの問題として考えていこうとしている姿勢は、実に頼もしい限りです。

続きを読む "若者から託された思い" »

目前に迫る「都市の高齢化」

総理のブログ 2012年02月14日 (火曜日) 19:15

 社会保障と税の一体改革の議論は、依然として野党に正式な形での協議には応じていただけていませんが、連日の国会論戦を通じて、これから与野党で議論を深めるべき具体的な論点が次第に浮彫りになってきています。

 年金をめぐって、民主党内の一部で機械的に計算した「参考資料」が、あたかも完成した「試算」として独り歩きしてしまったことは実に残念なことです。しかし、この間の議論を通じて、一体改革と将来の年金像という「時間軸」の異なる2つの論点を整理できたという意味では、少しずつですが、議論は前へと進んでいると言えるのではないでしょうか。

続きを読む "目前に迫る「都市の高齢化」" »

次代を担う若者を支えたい

総理のブログ 2012年02月06日 (月曜日) 19:50

 4日の土曜日、慶応大学経済学部が主催された「社会保障と税の一体改革」に関するシンポジウムで、私から基調講演をさせていただきました。

 政治家としての職業柄、各種団体の婦人部や青年部など、私も様々な会合に呼ばれてお話をさせて頂く機会はありましたが、大学生ばかりの集団の前でお話しするのは、過去数えるほどしかありません。大学二年生の息子は地方におり、「親子の対話」を頻繁にすることもないのが実情です。「息子や娘たち」とお話をさせていただくつもりで、なるべく分かりやすく具体例も交えながら、日本の社会保障制度の状況と現状の危機感をお伝えさせていただいたつもりです。

続きを読む "次代を担う若者を支えたい" »

「その先」に進むために

総理のブログ 2012年01月27日 (金曜日) 20:23

 24日、通常国会が開会しました。私の施政方針演説を皮切りに、昨日から衆参本会議で各党の代表質問が始まり、本格的な論戦が幕を開けました。

 施政方針演説では、過去2回の所信表明演説と同様、野田内閣が取り組むべき課題を真正面から取り上げ、論じました。大震災からの復旧・復興、原発事故との戦い、経済再生という最優先課題。政治・行政改革とともに包括的に進める社会保障と税の一体改革。外交・安全保障。目の前にある課題が多岐に渡って積み上がり、どれも「待ったなし」です。

続きを読む "「その先」に進むために" »

「虫の目、鳥の目、心の目」

総理のブログ 2012年01月20日 (金曜日) 20:20

 連日、国民の皆さんには、眼帯付きの姿で御心配をおかけし、申し訳ありません。

 若干見栄えが悪い点を除けば、仕事にまったく支障はありませんので、その点はご安心ください。徐々に回復に向かっており、週明けには眼帯を外すことができそうです。火曜日には、国会で施政方針演説を行う予定なので、きちんとした姿で、堂々と演壇に立ちたいと思います。

続きを読む "「虫の目、鳥の目、心の目」" »

諦めない心で、挑む

総理のブログ 2012年01月05日 (木曜日) 19:30

 2012年。新しい年が始まりました。国民の皆様、改めまして、今年もよろしくお願いします。

 新年を迎えてなお、野田内閣が取り組まなければならないことは数限りなくあります。「年頭所感」昨日の記者会見で申し上げましたので、ここでは繰り返しません。ただ、実行あるのみです。

続きを読む "諦めない心で、挑む" »

まずは隗より始めなければ

総理のブログ 2011年12月15日 (木曜日) 19:06

 臨時国会が終わり、年末に向けて解決すべき大きな課題に正面から向き合い、日々奔走する毎日が始まっています。

 先週末は、真夜中まで及ぶ調整を経て、来年度の「税制改正大綱」をまとめ、深夜2時過ぎに開催した閣議で決定しました。今週に入ってからも、TPPについて「関係閣僚会合」を立ち上げ、今後の関係国との協議と国民の皆様への情報提供をしっかり進めるための体制を整備したほか、パッケージ型インフラ、総合科学技術会議、国と地方の協議の場、国家戦略会議など、重要な政策決定の場で、関係閣僚に様々な指示を出しました。

続きを読む "まずは隗より始めなければ" »

臨時国会を終えて思うこと

総理のブログ 2011年12月09日 (金曜日) 21:55

 本日で、臨時国会が会期末を迎えました。

 10月末に行った所信表明演説で、私は「一日も早く三次補正予算とその関連法の成案を得て、実行に移すこと」をこの臨時国会の最大の課題として述べました。政府与党と各党各会派の共同作業として「国会の決断」を担ってほしい、というのが私の最も強い願いでした。

続きを読む "臨時国会を終えて思うこと" »

三次補正とこれから

総理のブログ 2011年12月02日 (金曜日) 18:00

 野田政権発足から3か月を迎えようとしています。

 先月の21日に総額12兆円超に上る三次補正予算が、一昨日の30日には、その裏付けとなる復興財源確保法が国会で成立しました。これにより、大震災からの復旧・復興、原発事故の早期収束、日本経済の建て直しという野田政権の最優先課題への取組を大きく加速させることができると考えています。

続きを読む "三次補正とこれから" »

「外交の秋」で深まりゆく絆

総理のブログ 2011年11月22日 (火曜日) 18:20

 カンヌでのG20(日本との時差は-8時間、往復の飛行時間は26時間)、ホノルルでのAPEC(時差-19時間、往復16時間)に続き、先週木曜から日曜の朝まで、インドネシアのバリ島(時差-1時間、往復14時間半)で開催されたASEAN諸国らの首脳との諸会合に参加してきました。3週間、週末にかけて国際会議への出席が続きました。

続きを読む "「外交の秋」で深まりゆく絆" »

 アジア太平洋の未来を語り合う場であるAPEC(「エイペック」と読みます)の首脳会合に出席するため、先週末にハワイのホノルルへ飛び、昨晩(14日)遅くに、戻ってまいりました。先週のG20への参加に引き続き、3週連続で続く外交日程の第2弾です。

続きを読む "アジア太平洋の未来を見据えて" »

「国家の信用」を守る責務

総理のブログ 2011年11月07日 (月曜日) 19:36

 先週は、フランスのカンヌで開催されたG20サミットに参加しました。雨に濡れ風が強いカンヌで、朝から晩まで首脳同士の会議が続き、その合間にもなるべく各国首脳との個別の会談を入れ、日本から同行いただいた記者の方々とも懇談会を開いて会議の模様をお伝えしました。まさにフル回転した2日間でした。

続きを読む "「国家の信用」を守る責務" »

希望をつくる覚悟と器量

総理のブログ 2011年10月31日 (月曜日) 18:54

 本日から第179回国会の論戦が本格的にスタートしました。先週金曜日には、就任以来、二度目となる所信表明演説を国会で行いました。

 前回演説から一ヶ月半あまり、被災地の復興、原発事故の収束、日本経済の建て直しという、この内閣が取り組まなければならない重要課題に変わりはありません。

 政府としては、これまでも最大限の対応に努めてきましたが、対応を一層加速させ、次のステップに進むためには、国会において、巨額の補正予算と法律の改正を認めてもらうようお願いしなければなりません。

続きを読む "希望をつくる覚悟と器量" »

福島・ソウル・東京を巡って

総理のブログ 2011年10月25日 (火曜日) 18:14

 先週は、週末も含めて、実に慌ただしい一週間でした。

 18日には、福島県を訪問いたしました。就任以来、二度目になります。韓国訪問前で日程的にはかなり窮屈だったのですが、一般住宅の除染活動の実態を自分の目で見ておきたかったのと、冬が訪れる前に、仮設住宅にお住まいの方々や子どもを持つ親御さんたちの生の声を直接お伺いしておきたかったからです。

続きを読む "福島・ソウル・東京を巡って" »

子どもたちの笑顔を!

総理のブログ 2011年10月18日 (火曜日) 15:17

 先週の金曜日、子育て支援の先進的な取組をされている横浜市の2つの施設を視察しました。

 政府が取り組むべき政策課題は山のようにありますが、「人生前半の社会保障」をいかに手厚くしていけるのかという点が、「社会保障・税一体改革」の大きなテーマの一つとなっています。年金、医療、介護の制度の綻びをどう繕っていくべきか、考えなければならない点は多々ありますが、子ども・子育て分野は、これまで支援が最も手薄だった分野です。現在、検討している「子ども・子育て新システム」の具体化に向けて、現場の方々や若い親御さん方の生の声を伺おうと思いました。

続きを読む "子どもたちの笑顔を!" »

 昨日(10日)、農業再生のヒントを得るべく、ブランド米づくりや直売店の運営などで先進的な取り組みを行っている群馬県の農業現場を視察しました。突き抜けるような秋晴れの空のもと、実りの秋を身体全体で感じることができました。

続きを読む "消費者との絆でつくる農業再生" »

全力で駆け抜けた一か月

総理のブログ 2011年10月03日 (月曜日) 19:33

 総理就任から昨日で一か月が経ちました。この間、台風12号・15号の大雨被害への対応、国連総会への出席、国会での代表質問、予算委員会など、とにかく全力で駆け抜けてきました。

続きを読む "全力で駆け抜けた一か月" »

世界に届け、日本の思い

総理のブログ 2011年09月25日 (日曜日) 16:20

 昨晩(24日)、内閣総理大臣に就任して初めての海外訪問先となったニューヨークから、無事に帰国しました。

 火曜日に羽田空港を出発する間際に飛び込んできたのが、台風による豪雨の影響の知らせでした。留守を任せた官房長官に指示を出し、報告は毎日受けていましたが、訪米期間中ずっと気がかりでなりませんでした。台風の被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げるとともに、引き続き土砂災害には警戒を怠らないようお願いします。

続きを読む "世界に届け、日本の思い" »

ものづくりの魂と現場の力

総理のブログ 2011年09月20日 (火曜日) 19:33

 敬老の日の昨日(19日)、大田区の中小企業二社と、自動車会社の横浜工場をお邪魔し、最近の円高の影響を中心に、意見交換をさせていただきました。

 製造の現場を自分の目と耳で感じ、経営者や従業員の方々の「生の声」をお聴きすると、経済指標の数字だけでは見えない、新しい発見が必ずあります。

続きを読む "ものづくりの魂と現場の力" »

初めての所信表明を終えて

総理のブログ 2011年09月14日 (水曜日) 21:01

 昨日(13日)、国会で、初めての所信表明演説を行いました。テレビでは衆議院での演説しか放送されませんでしたが、参議院でも行い、計2回の演説をそれぞれ約35分ずつ、やり終えました。

 演説で申し上げたとおり、野田政権が取り組むべき課題は、明らかです。東日本大震災と世界的経済危機という「二つの危機の克服」。そして、「誇りと希望ある日本の再生」。一言で言えば、「国家の信用」の回復です。あとは「実行」により、全力で「結果」につなげます。

続きを読む "初めての所信表明を終えて" »

被災地の視察

総理のブログ 2011年09月12日 (月曜日) 18:00

 国民の皆さん、こんにちは。このたび、内閣総理大臣を拝命しました野田佳彦です。国民の皆さんに、この内閣の仕事ぶりをお伝えするために、歴代の先輩総理にならって、まずはブログを始めてみることにしました。

 私の政治活動の原点は、議員になってから四半世紀の間、暑い日も寒い日も、毎日続けてきた駅前での早朝演説です。そして、手作りのビラに毎週の活動報告やメッセージを記し、「かわら版」と称して、選挙区の方々にお配りし続けてきました。

 本来であれば、駅前で、皆さんとお顔を合わせながらお話ししたいところですが、とりあえずはこの方法で始めてみます。どれだけの頻度で原稿を書けるのか正直申し上げて自信がありませんが、可能な限り、続けていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

続きを読む "被災地の視察" »

カテゴリー

バナー

  • 首相官邸 災害対策のページはこちら
  • 首相官邸はこちら
  • 政府インターネットテレビはこちら

このブログについて

野田内閣が進める重要政策について、総理の思いや取組状況等を国民の皆様に向けて分かりやすく伝えるための首相官邸オフィシャルブログ(官邸かわら版)です。